【今すぐ4万円必要】今日中に4万円を即日融資で借りる方法!

  • 「今すぐ4万円必要だけど、周りから借りる当てがない…」
  • 「今すぐ4万円借りたいけど、どこで借りれば安全かな?」
  • 「4万円即日融資してもらったら、利息っていくらなの?」

 

4万円の現金を手に持つ男性

 

4万円を借りたい、しかも今日中に4万円借りたいといった「緊急でお金が必要」な場合に、あなたはどうしますか?

 

このページをご覧のあなたは、これからお金を借りることも視野に入れておられる方でしょう。

 

結論からいえば、今すぐ4万円借りる事は難しくありません!

 

しかし、冷静な判断や知識がないまま、流れのままに4万円を借り入れしてしまえば、長い借金生活の始まりになってしまう可能性もあります。

 

お金の心配を抱えながら生活するのって、辛いですよね…。

 

お金を借りる事は悪いことではないけれど、知らないことで損をしたり、生活に悪影響を及ぼす危険性もあるのです。

 

あと4万円必要だと頭を抱える男性

 

私自身、何度もお金のピンチを経験し、失敗やトラブルも経験しながら、今では上手にキャッシングを活用できるようになっています。

 

その体験を踏まえて作成されたのが、今ご覧になっているページとなります。

 

このページには、これから至急4万円を借りたいという方の為に、主に以下のような内容を提供しています。

 

  • 今すぐ4万円借りる為の3つの条件
  • 安全かつお得に借りるためのサービス選び
  • 4万円を即日融資で借りた場合の利息
  • 4万円の賢い借り方と返済方法

 

1つでも気になることがあれば、このページを読み進めてみて下さい。

 

このページを読むことで、これらの知識を得る事が可能となり、知らなかったことで損をするリスクを回避することが可能となります。

 

今すぐ4万円借りれた男性

 

以下に目次を準備しましたので、知りたい事が決まっている方も目次から情報を探してみて下さい。

 

 

【厳選】今すぐ4万円必要な人に評判が良いキャッシング

 

今すぐ4万円借りたい場合には、即日融資に対応している会社を選ぶ必要があります。

 

4万円即日融資に対応してくれる会社

 

その場合には、まずは大手の消費者金融が第一候補としてお勧めです。

 

お勧めの理由としては、貸金業法を遵守し、時代によって変化する消費者のニーズにこたえる形で変化を遂げてきたのが消費者金融です。

 

その中でも大手の消費者金融は、サービスの質という点では銀行と変わらないといった評価がなされるほど、非常に便利なサービスとして利用者を多数抱えている状況です。

 

初めてで不安な方ほど、まずは大手の消費者金融から利用してみることで余計な心配や不安、トラブルリスクを軽減することが可能となります。

 

プロミス

 

↓お申し込みはコチラ↓

 

大手のキャッシング会社であるプロミスでは、初回の方に限り「最大30日間無利息サービス」が提供されています。

 

こちらは、初回にメアドとWEB明細の登録をすることで適用可能となっています。

 

注目するポイントとしては、無利息サービスの適用開始が「初回借り入れ翌日から」であるところです。

 

契約してすぐに借入をしなくても、無利息サービスの権利がキープできる仕組みになっています。

 

今すぐ4万円借りたい方の場合には、契約後にすぐ借り入れされる流れとなるかと思いますが、今すぐ以外の方にも事前に用意しておける便利なサービスとなっています。

 

即日融資にも対応しており、借り入れ方法や返済方法も多種多様、最近利用者が多い「アプリ」での少額融資も人気となっています。

 

SMBCモビット

 

↓お申し込みはコチラ↓

 

無利息サービスが無い中、一定数の人気を維持し続けているのがSMBCモビットです。

 

こちらの最大の特徴としては、WEB完結申込サービスを利用すれば在籍確認の電話を無しにすることが可能な点です。

 

在籍確認についてはこちら(記事内移動)でも説明しましたが、どうしても会社に電話をされたくないという方にはSMBCモビットのWEB完結サービスがお勧めです。

 

アイフル

 

大手のキャッシングサービスとしてアイフルでも、最大30日間の無利息サービスが提供されています。

 

こちらは契約日翌日からの適用となります。

 

今すぐ4万円借りたい方であれば、契約後すぐに借入をすることで最大30日間無利息で4万円を借りる事が可能となります。

 

まずは簡易診断から始めてみるのもあり

 

審査に通るのか不安な場合には、各社で準備されている「簡易診断」を利用してみると良いでしょう。

 

細かい個人情報を入力する必要はなく、生年月日、年収、他社借入金額等を入力すれば「おおよその審査結果」を確認することが可能です。

 

今すぐ4万円借りたい時に即日融資する3つの条件

 

今すぐ4万円借りたい、今日中に4万円必要といった状況の中でも、焦らずに行動することが大切です。

 

今すぐ4万円借りる方法を落ち着いて調べるサラリーマン

 

何をすればよいのか分からないまま行動すれば、非効率的なことだったり、損をしてしまうことだったり、時には後々まで大きく尾を引くような失敗をしてしまったり…。

 

このページをご覧になっているあなたには、まずは以下の4万円を即日融資する為に必要な条件についてご紹介します。

 

こちらは即日融資の為には必要な条件となっており、これをクリアせずに今日中に4万円を消費者金融から借りる事は出来ません。

 

【条件1】身分証明書を準備する

 

お金を借りる際には、必ず身分を証明する必要があります。

 

4万円即日融資の審査で身分を証明する書類(免許証)

 

キャッシングで4万円借りたい際にも、必ず身分証明書を提出する必要があります。

 

【身分証明書】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • マイナンバーカード

 

「あれ、保険証じゃだめなの?」

 

そう疑問に思われた方もおられるのではないでしょうか?

 

実は、数年前までは4万円を借りたいといった場合に「保険証のみ」でも借りる事が可能でした。

 

しかし、法律が改正され、本人確認作業を厳格化するように義務付けられたのです。

 

それによって「顔写真」が付いていない書類に関しては、その一点のみで身分を証明することが出来なくなっています。

 

つまり、保険証を提出する際には、追加でもう一点の書類を提出する必要があるのです。

 

【追加で提出する書類】

  • 住民票
  • 公共料金の領収書
  • 年金手帳
  • 納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 戸籍謄本

 

身分証明書として、免許証や運転経歴証明書、パスポートやマイナンバーカードがあれば顔写真が付いているため単独での提出で身分が証明されます。

 

しかし、顔写真がない保険証や、上記の【追加で提出する書類】などに関しては、これらの中から2点を提出することで身分が証明されるのが基本的な身分証明手続きとなっています。

 

つまり、運転免許証が無いという場合や、パスポートが無い、退職したばかりで保険証が無いといった場合などでも、別の書類を単独で提出、もしくは複数を組み合わせて提出することで身分を証明することが可能です。

 

【条件2】審査実施時間内に申し込む

 

お金を借りる為には、貸金業法で定められる通り、必ず「与信調査」というものが必要となります。

 

貸金業法第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

 

近い将来、すべてAIによって調査が完了できる時代が来るかもしれませんが、現状は「人+情報技術」によって申込者の信用情報調査が行われています。

 

与信調査を行うキャッシング会社スタッフ

 

そのため、人が稼働している時間、つまりは審査を行う担当者が勤務している時間でなければ4万円即日融資の審査を進め、完了させることは出来ません。

 

CMや雑誌を見ると「24時間受付中」といった文言を見たり聞いたりします。

 

これによって「24時間いつでも申し込めて、審査に通れ夜中でも借りれる」と勘違いしてしまう方が一定数おられます。

 

4万円即日融資が最も期待できる大手の消費者金融であっても、審査受け付け時間、審査実施時間というのは限られています。

 

土日祝日を含めての「9時から21時まで」というのが一般的です。

 

つまり21時までに審査を申込、審査官が審査を実施して完了させる必要があり、この時間の枠の間で間に合うように申込を済ませる必要があるのです。

 

ですので、今日中に4万円借りたい、今すぐ4万円必要といった方の場合には、遅くても今日の20時までには申込を済ませておく必要があります。

 

 

銀行カードローンなどは、審査に数日必要となりますが、消費者金融であれば審査が最短30分、融資まで最短1時間といった会社もあります。

 

今すぐ4万円借りたい場合には、消費者金融を選ぶ、かつ大手の消費者金融を選ぶとスムーズかつ便利に即日融資が可能となります。


 

【条件3】在籍確認が可能かどうか

 

消費者金融などの貸金業者からお金を借りる際には、必ず返済能力の調査があることはご紹介しました。

 

その際に「安定した収入」を証明する担保として、勤務先への在籍確認が実施されます。

 

4万円即日融資のための在籍確認が取れた女性スタッフ

 

電話での確認をやらず、在籍を証明する書類で代替するといった方法はありえますが、在籍確認自体を無しにすることは出来ません。

 

今日中に4万円借りたい場合に、もしもあなたの勤務先が休みで電話が繋がらないといった場合には…。

 

最近では個人情報保護の観点から、個人あての電話を一切取り次いでくれない会社も増えています。

 

個人情報保護法 第二十三条

第二十三条 個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない。

 

何らかの事情で在籍確認をクリアできないといった場合には、即日で4万円借りるというのは難しくなってしまいます。

 

そのため、在籍確認に関して柔軟な対応が期待できる大手の消費者金融を選択して申し込む必要があります。

 

勤務していることを証明する書類や収入証明書を提出することで、在籍確認の電話連絡をなしにするWEB完結サービスを展開しているSMBCモビットなど、大手には在籍確認の電話無しに対して相談が可能だというスタンスの会社も少なくありません。

 

在籍確認の電話連絡では、実際にカード会社のスタッフがあなたの勤務先に入電する際には以下の取り組みが実施されています。

 

  • キャッシング会社名義ではなく個人名にて入電する
  • ナンバーディスプレイによる調査を防ぐために非通知で入電する
  • 申込者本人以外には用件を一切伝えない

 

あなたが電話に出れば、本人確認などちょっとした確認作業が1,2分実施されて終了です。

 

本人以外が電話に出た場合には、「〇〇は席を外しております」など、在籍が確認できれば要件を伝えずに不自然にならないよう電話を終了させてくれます。

 

今すぐ4万円必要な方で、在籍確認を実施される場合には、事前に会社の人に疑われないように「良い言い訳」を準備しておきましょう。

 

 

私の場合は、「クレジットカードを作ったから、その電話ですかね?」といった感じで誤魔化そうと思っていますが、そもそも「変な電話がかかってきたよ」といった感じで何かを疑われたり、不審に思って尋ねられたりしたこともありません。


 

今日中に4万円借りたい時の賢い借り方と返し方

 

ここからは、今日中に4万円を即日融資で借りる場合や返す場合の賢い方法についてご紹介しました。

 

【最速】今日中に4万円借りる為の手続きの流れ

 

ここでは、実際にどういった手続きの流れを踏めばよいのか?

 

今すぐ4万円借りたいという方も多いと思いますので、なるべく「最短コース」で即日融資を可能にするためにはどうすれば良いのか?

 

4万円融資の合意が取れた二人

 

その為の手続きの流れを以下にご紹介したいと思います。

 

  1. 審査受付時間内にオンライン(公式HP)から申し込みをする
  2. 受付完了のメールを受け取ったら、コールセンターに電話をして「急ぎ」であることを伝える
  3. オンラインで必要書類の提出を行う
  4. 審査結果を待つ
  5. 審査結果をメールで受け取る
  6. 近くの自動契約機へ移動する
  7. 自動契約機で契約手続きを済ませる(機械で指示に従うだけ)
  8. 自動契約機でローンカードを発行する
  9. 併設されているATMからお金を引き出す

 

大手の消費者金融になればなるほど、申込方法は各ステップで複数準備されています。

 

その複数の方法を様々に組み合わせることで、最終的に借入までたどり着けるようになっています。

 

どの組み合わせで手続きを進めていくのかで、今日中に4万借りれる場合もあれば、1,2週間後まで待たなければならない場合もあります。

 

このページをご覧のあなたは、基本的にインターネットにアクセスできる環境におられることでしょう。

 

パソコン・タブレット・スマホ

 

それであれば、上記の9ステップを辿るのが一番効率的で手間も少なく、かつ手数料などの費用や待ち時間も少ないコスパの良い申込手続き手順になります。

 

 

9ステップとなると、非常に手間が多いように感じられるかもしれませんが…。

 

基本はオンラインで申込をして自動契約機でカードを発行するという大きな流れを抑えておけば9割がた大丈夫でしょう。

 

自動契約機が近くに無い方などは、6以降も全てWEB上で完結できるサービスを選ぶと、自宅に居ながらでも4万円を自分の口座に着金させることが可能です。

 

借り入れ方法や返済方法の種類については、以下でご紹介します。


 

【手数料節約】4万円借りて返済する色々な方法

 

今すぐ4万円借りるためなら、多少の手数料は致し方ない…。

 

そう考える方も多いと思いますが、それほど手間が代わらないのであれば節約した方がお得ですよね?

 

小銭

 

以下では、4万円即日融資する際の借り方と返し方において「手数料を節約する方法」について解説します。

 

【借り入れ方法】

  • 【無料】インターネット振込
  • 【無料】電話振込
  • 【無料】店頭窓口
  • 【無料】自社ATM
  • 提携ATM(コンビニ含む)

 

【返済方法】

  • 【無料】口座振替
  • 【無料】インターネット返済
  • 【無料】自社ATM
  • 【無料】マルチメディア端末
  • 銀行振込
  • 提携ATM(コンビニ含む)
  • 店頭窓口

 

上記のうち【無料】が付いている場合以外は、基本的に手数料が発生します。

 

例えば、借り入れの際に提携ATM(提携銀行ATM・コンビニATMなど)での引き出し、返済いずれの場合にも手数料が以下の通り発生します。

 

  • 1万円以内:110円(税込)
  • 1万円超:220円(税込)

 

4万円を即日で借りる場合には、もしコンビニATMを使った場合には借り入れの時に220円、返済の時に220円、合計で440円の手数料が発生します。

 

仮に無利息サービスを使って30日以内に返済したとしても、利息とそれほど変わらない手数料が発生することになります。

 

利息についてはこちら「4万円利息の計算方法(記事内移動)」で解説しています。

 

借り入れの際には、自身の銀行口座に振り込んでもらうか、その会社の自社ATMが近場にあればそちらまで足を運ぶ方法が手数料0円でお得です。

 

返済方法に関しては、口座振替が一般的ですが、こちらの場合にはリボ払いで毎月一定金額を返済する形となります。

 

前倒しで一括返済や追加返済をしたい場合などには、口座振替以外の方法で返済する必要があります。

 

その場合には、マルチメディア端末での返済方法がお勧めです。

 

Famiポート(マルチメディア端末)

 

写真左の緑の端末機が「Famiポート」です。

 

 

以前はミニストップやローソンに設置されている「Loppi(ロッピー)」でも返済が可能でしたが、現在はファミリーマートの「Famiポート」のみが返済可能なメディア端末機となっています。

 

ちなみに、メディア端末を利用する際には「ローンカードが必要」であり、レシートをレジで支払うので「キャッシングしていることが知られる」という点に注意すると良いでしょう。


 

インターネット返済を利用する場合には、以下の条件があります。

 

  • ご自身の銀行口座でインターネットバンキングの手続きが済んでいる
  • キャッシング会社と提携している銀行口座であること

 

例えば、大手のキャッシング会社であるプロミスであれば、約1,100の金融機関でインターネット返済が利用可能となっています。

 

上記のバンキング手続きが済んでいれば、Pay-easy(ペイジー)というネットワークサービスを利用して、キャッシング会社のログインページの中であなたの口座から返済する手続きが可能となります。

 

↓大手キャッシングはこちら↓

初めての方は無利息サービス実施中です!

 

今日中に4万円借りれない人の3つの特徴とは?

 

上記の必要な条件をクリアし、最速の申し込み手順で行動したけれど、審査に落ちてしまった…。

 

借金で苦しんでいるサラリーマン

 

大手の消費者金融では、実際に審査に通る確率は40から50%程度となっています。

 

大手の消費者金融では「新規成約率」というものを公表しており、毎年およそ4,50%程度で推移しています。

 

ですので、仮にあなたが申し込みをして審査に落ちてしまったとしても落ち込む必要はありません。

 

1社目に落ちたけど、2社目にはスムーズに通過したというケースは珍しくありません。

 

ただし、以下の今日中に4万円借りれない人の特徴に該当する場合には話は別です。

 

もしもあなたが以下に該当する場合には、別の会社に申し込みをした場合でも高確率で落とされてしまうことでしょう。

 

【特徴1】信用情報がブラック化している

 

「ブラックリストに載る」イコール「お断り」…。

 

4万円即日融資をお断りするキャッシング会社スタッフ

 

このブラックリストという言葉は、これまでにどこかで聞いたり見たりされたことがあるのではないでしょうか?

 

もしもあなたが、過去に延滞や遅延といった金融事故を起こされている場合には、すでに信用情報がブラック化している可能性があります。

 

 

ちなみにブラックリストというのは、信用情報機関に保持されている情報の中に「ブラックリスト」というリスト(一覧表)などは存在しておらず、いわゆる俗称として浸透している言葉になります。


 

消費者金融や銀行(信用金庫、信用組合、農協など)、信販会社やクレジットカード会社、リース会社など。

 

融資などの信用取引に関わる業務を行う会社は、以下のいずれかの信用情報機関に会員として登録されています。

 

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

 

これらの信用情報機関はCRINやFINEと呼ばれるネットワークによって、申込者の事故情報などが「共有」される仕組みとなっています。

 

過去に延滞した会社が加盟している以外の信用情報機関の加盟店であれば、過去の事故情報がバレないと考えるのは間違いです。


 

もしもあなたが、過去に以下の金融事故を起こしている場合には、これらの機関で記録が保持、共有されています。

 

それによって、金融機関における貸し倒れリスクを減らすだけでなく、過剰融資などを防ぐといった消費者側の保護にも役立っています。

 

【金融事故例】

  • 遅延
  • 延滞
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 債務整理

 

これらの事故情報は「異動情報」として記録が保持されています。

 

事故例や機関によっても保持する機関は異なりますが、基本は5年もしくは10年間は保持され続けます。

 

その間、新規で4万円借りるためにキャッシングやカードローン、各種分割払いの申し込みなどをしても「不可」となって審査に通ることが出来ません。

 

 

ちなみに、信用情報機関には事故情報だけでなく、現在の借入件数や借入残高なども客観的な取引事実として保持されています。

 

4万円即日融資の申し込みの際に、他社借入がある場合などは正直に申告をしないと情報は筒抜けであることをお忘れなく!

 

もう少し踏みこむと…、なぜ筒抜けの他社借入残高などをわざわざ申告させるのか?

 

それは、申込した人が現在の借金状況をきちんと把握しているのか、それによって返済能力があるのかどうかを判断しているものと思われます。


 

【特徴2】総量規制をオーバーしている

 

総量規制(そうりょうきせい)という言葉もまた、「ブラックリスト」と同じように俗称で呼ばれている言葉です。

 

貸金業法第十三条の二 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。

 

この貸金業法の第十三条の後半に「年間の給与及びこれに類する定期的な収入の金額として内閣府令で定めるものを合算した額に三分の一を乗じて得た額」という記述があります。

 

総量規制の説明をホワイトボードで行うスタッフ

 

これがいわゆる総量規制といわれるもので、簡単にいえば年間の収入の三分の一以上の貸し付けは「過剰貸し付け」になるため融資を禁止するという内容になります。

 

4万円を今すぐ借りたい人の年収が、仮に300万円だったとした場合、融資できる金額は100万円までとなっています。

 

この融資可能額は、1社のみではなく借り入れするすべての会社の合計金額となっており、このことからも信用情報機関で各金融業者が情報を共有していることが分かります。

 

 

この総量規制に関しても、伝えたい事は山ほどあるのですが、知っておくと便利な情報だけを厳選して以下にご紹介します。


 

銀行カードローンは総量規制の対象にならない!

 

銀行というのは貸金業者ではないため、貸金業法の規制を受けません。

 

銀行のように預金業務を行わない金融業者を、いわゆる「ノンバンク」と呼び、その中に消費者金融が含まれます。

 

そのため、総量規制がいうところの「年収三分の一以上の貸し付け」の対象として銀行カードローンなどの銀行からの借り入れ額を含める必要はありません。

 

実際に、大手の消費者金融で申し込みをする際にも、他社借入額の記入を求められますが、その際に銀行カードローンの借入額を含める必要はありません。

 

会社によっては「銀行カードローンなども含めるように」と別途指示がある場合は別ですが…。

 

基本は貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社など)からの借入額を記入すればよく、銀行からの借り入れは記載不要となっています。

 

では、貸金業者とはどういった会社のことをいうのか?

 

  • 消費者金融
  • クレジットカード会社
  • 信販会社

 

これらの会社は、いわゆる「三大ノンバンク」と呼ばれる会社であり、これらの会社からの借り入れは貸金業法が定めるところの三分の一の借入額に含める必要があります。

 

クレジットカード会社の提供する「ショッピングクレジット」は対象ではなく、「キャッシングクレジット」が貸金業法の対象となります。

 

お店でクレジットカードを使って分割払いした残高に関しては、「割賦(かっぷ)販売法」という別の法律が対象となりますので、借り入れ残高に含める必要はありません。

 

クレジットカードの場合に対象となるのは「キャッシング枠」の利用額についてです。

 

こちらは貸金業法が適用され、貸金業者からの借り入れとしてカウントする必要があります。

 

信販会社とは、クレジットカード会社と同じ会社だとみられる場合が多いのですが、実際にはクレジットカード業務以外の信用販売を行っている会社でもあります。

 

ここではクレジットカード会社と同じだと考えておいても差し支えないでしょう。

 

 

つまり、消費者金融からの借り入れ、およびクレジットカードのキャッシング枠の借り入れ、これらが消費者金融から4万円即日融資する際に申告する必要がある「他社借入金額の対象」となります。


 

【特徴3】短期間に複数社申し込んでいる

 

ここまで読まれた方であれば、ある程度予想が付くかと思いますが…。

 

ここでいう「短期間」とは、だいたい1ヶ月以内に複数社にキャッシングの申し込みをした場合をいいます。

 

申込者の信用情報を審査するスタッフ

 

例えば、このページでも厳選してご紹介している大手キャッシングサービスに関して、3社とも一斉に申し込むようなことは控えましょう。

 

これらの申込情報は、必ず信用情報機関に記録されます。

 

短期間に複数社に申し込む人に対しては、いわゆる「申込ブラック」という異常情報が記録され、それによって新規の申し込みが不可となってしまうのです。

 

また、一度審査に落とされたキャッシング会社にまた申し込みをしたりするなど、こういった行為も申込ブラックと判断されてしまいます。

 

複数社申し込みに関しては、何件までOKかといった明確な基準は公開されていません。

 

各貸金業者が独自の審査基準において審査を行っている以上、外部の人間が知る術がないのです。

 

ただし、一般的によくいわれているのは「3件までは大丈夫」という基準です。

 

事実として、借入額については「総量規制(記事内移動)」で制限されていますが、借入件数については貸金業法で制限されておらず、明確な基準がありません。

 

 

かつて大手の消費者金融(消費者金融連絡会)の間でルール化されていた「3社規定」という基準が、現在も審査における目安として採用されているのではないかといわれています。


 

当ページでご紹介しているキャッシング会社すべてに同時に申し込みをしても、もしかすると審査に通ることもあるかもしれませんが…。

 

4万円を即日融資で借りるという目的であれば、申込は1社で十分ですので、まずはココと思う会社に申し込んで審査結果を待つことが先決です。

 

仮に1ヶ月以内に2社以上審査に落ちてしまった場合には、最低でも審査申込記録が消える6か月間は新規の申し込みは控えた方が無難です。

 

 

申込に関する情報も、銀行系であるKSC(全国銀行個人信用情報センター)の場合には長く、1年間は保持されるといわれています。


 

学生が4万円即日融資で借りる条件

 

私も学生時代は、お金が足りませんでした…。

 

大学生サークルの飲み会

 

頻繁に電気やガスが止まっていましたし、友人関係にもお金で消せない傷を入れてしまったこともあります。

 

私は貸す側だったのですが、返しもしないで合コンに行っている同級生に堪忍袋の緒が切れてしまったという過去があります。

 

それはさておき、学生が4万円を即日で借りたいといった場合には、どんな条件があるのでしょうか?

 

安定した収入がある

 

学生が今日中に4万円借りたいということであれば、即日融資に対応している消費者金融が候補となります。

 

消費者金融の大手では、以下のような条件が設定されています。

 

  • 20歳〜69歳
  • 安定した収入がある

 

ここでいう「安定した収入」として「親からの仕送り」は該当しないため注意しましょう。

 

「ある意味で、アルバイトの収入よりも親が毎月振り込んでくれる仕送りのほうが安定しているよ…」

 

中にはそう感じる学生の方もおられると思いますが、貸金業法上、親からの仕送りに関しては安定した収入とは認められません。

 

無職で収入がなければ、いかなる条件でも貸金業者からお金を借りる事は出来ません。

 

年齢が20歳以上

 

学生であっても、20歳を超えている方であり、かつアルバイトなどの安定した収入がある場合には、消費者金融でのキャッシングに申し込むことが可能です。

 

逆に未成年の学生の方には、、多くの消費者金融や銀行カードローンなどの貸金業者で融資が行われていません。

 

民法には「未成年者契約の取消し」という決まりがあり、仮に未成年者が親の同意を得ずに行った契約行為は、あとから取消すことが可能となっています。

 

この法律によって、仮に未成年にお金を貸したとしても、あとから無効となり返済する義務がなくなるため、貸金業者側は丸損となってしまいます。

 

また、逆に69歳以上の高齢者にも貸付を行っていない業者がほとんどです。

 

やはり、こちらに関しても病気や逝去といった貸し倒れリスクが高くなることが理由の一つとして挙げられます。

 

 

とはいえ、日本社会は超高齢化社会であり、69歳という年齢制限の上限は低いのではといった声もあります。

 

過去にも上限年齢が上げられた経緯があり、今後も年金受給年齢の変化などによって消費者金融業界でも上限年齢の見直しが行われる可能性は十分にあります。


 

学生でも融資可能な消費者金融を選ぶ

 

学生でも20歳を超えており、安定した収入があるのであれば、大手の消費者金融への申し込みは可能です。

 

親の同意を得る必要もなく、一般の方と同じような申込方法や条件にて借り入れが可能となります。

 

学生を専門としている「学生ローン」もあります。

 

こちらは銀行などが提供している教育ローンとは違い、使途自由の学生向けのローンのことをいいます。

 

学生ローンの場合は、消費者金融のキャッシングのように限度額内で何度も借入返済が可能ではなく、借り入れ事に審査を受ける必要があります。

 

学生ローンとして有名なところは「カレッヂ」「アミーゴ」などの貸金業者が有名です。

 

こちらの業者であれば、18歳や19歳といった未成年の方でも親への連絡や確認なしで審査の申し込みが可能となっています。

 

未成年の場合には、上限が10万円までと設定されているケースが多くなりますが、4万円を即日融資希望されている方には問題ありませんね。

 

 

ちなみに、銀行カードローンにおいては「学生は不可」とするところが多い傾向にあります。


 

学生が借りると就職など将来的に不利になる?

 

一度でも消費者金融や銀行カードローンなどを使ってしまうと、就活や転職など、将来的に不利になってしまうのではないか?

 

そんな疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか?

 

街で見かける消費者金融の契約ブースに、入ってみよと思ったことがあるけど断念した…。

 

そんな方もおられることでしょう。

 

確かに、消費者金融から4万円を借りることで、その記録が残ります。

 

 

ちなみに、スマホを分割で購入したり、クレジットカードを持っている方であれば、すでに信用情報機関に記録が残っています。

 

情報が載ることを心配されている方が多いのも頷けますが、実はすでに載っているというケースも少なくないという事実があります。


 

どこに残るのかはお察しの通り、「個人信用情報機関(記事内移動)」に残る流れとなります。

 

ただし、この信用情報機関に記録されている情報はオープンにされているものではありません。

 

照会できるのは、「本人」もしくは本人の同意を得た「代理人」と「加盟している金融機関」のみです。

 

仮に就職活動などにおいて、面接官があなたの過去の金融履歴を確認する術はありません。

 

現状、信用情報を就職などの採用目的に利用されることは規約違反となっています。

 

 

ただし、アメリカなどでは個人信用情報を就職活動などの採用の際に使っても良いという規約になっているようで、今後日本でもその可能性が0とは言えません。

 

しかし、過去に借り入れの記録があるだけで不利になるケースは考えられず、2〜3か月以上の延滞や滞納、債務整理や強制解約などといった事故情報を載せないように気を付ければ、社会生活上不利になることないでしょう。


 

↓大手キャッシングはこちら↓

初めての方は無利息サービス実施中です!

 

今日中に4万円即日で借りると利息はいくら?

 

今日中に4万円借りる場合に、利息はいくらかかるのか?

 

ローンカード返済の手数料

 

いわばお金を借りるレンタル料である「利息」について、「利息制限法」という法律で以下のように規定されています。

 

利息制限法第一条

金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

 

つまり、10万円未満の借り入れには「上限年利20%」、10万円以上100万円未満の借り入れには「上限年利18%」、100万円以上の借り入れには「上限年利15%」と上限が決められています。

 

4万円の即日融資にかかる利息としては、上限年利20%が該当します。

 

しかし、大手の消費者金融であれば、上限年利を18%もしくは17%に設定しているケースが多く、少し抑えられた形での借り入れが可能となっています。

 

4万円を30日借りる場合の利息は?

 

利息の計算方法として、簡単な公式をご紹介します。

 

利息=借入金額×年利÷365日×借入日数

 

例えば、あなたが4万円を利息18%で30日間借り入れした場合の利息計算は以下の通りです。

 

【40,000×0.18÷365×30=591円】

 

借りる日数(借入日数)が長くなればなるほど、利息も増えていく計算式となっています。

 

大手の消費者金融に限らず、貸金業者の返済方法の多くは「リボルビング方式」が採用されています。

 

毎月一定の金額を返済していく方式がリボルビングです。

 

最低支払金額を毎月返済する形が基本となりますが、そうすると長期化して利息が高くなる傾向にあります。

 

【リボルビング形式で4万円を6か月かけて返済する場合】

回数 返済額 残高
1 7,021円 33,579円
2 7,021円 27,061円
3 7,021円 20,445円
4 7,021円 13,730円
5 7,021円 6,914円
6 7,021円 0円
42,122円 0円

 

毎月「7,021円」ずつ返済を繰り返し、6か月後で利息の合計が「2,122円」となります。

 

 

毎月一定額の返済で管理がしやすいというメリットもありますが、利息を抑えたい場合には繰り上げ返済や一括返済といった方法を織り交ぜながら返済することで最小限に抑える事が可能となります。


 

利息と元金を繰り上げ返済する方法

 

消費者金融や銀行カードローンの返済においては、基本は上記のリボルビング形式による毎月一定額の返済が求められます。

 

しかし、余裕がある場合には積極的に繰り上げ返済を行うことで、利息を抑える事が出来るということをご紹介しました。

 

繰り上げ返済のイメージ(ジャンプするサラリーマン)

 

では、毎月決まった日に返済する以外で繰り上げ返済を行う為には、どうすればよいのでしょうか?

 

方法としては、以下の3つの作業が必要となります。

 

  • 銀行振込
  • インターネット返済
  • ATM返済

 

銀行振込にて繰り上げ返済を行うことが可能です。

 

事前にコールセンターに問い合わせて振込用口座の情報を教えてもらうか、会員ページでも確認できます。

 

また大手の中には一部インターネット返済も可能となっています。

 

提携している銀行のネットバンキング機能が利用できれば、会員ページ上で繰り上げで一部もしくは全額返済することも可能です。

 

また、同じく自社ATMや提携ATMでも繰り上げ返済が可能となっています。

 

ATMによっては、振込上限金額が設定されているケースがありますが、多くは10万円や20万円です。

 

4万円借り入れ分の返済において、振込上限金額に引っかかり不自由することはないでしょう。

 

 

ATMで返済する際の注意点として、小銭での支払いが出来ません。

 

数百円以下の返済額については小銭での返済が必要であり、そうなるとATMで「完済」することができないという点に注意が必要です。

 

大手の中には、ATM等などで全額返済した際の差額について、銀行振り込みや店頭窓口での返金、また次回の借り入れ残高からの相殺といった対応がなされる場合もあります。


 

さらに今すぐ4万円借りたい場合の方法

 

既にお金を借りている状態で、さらに今すぐ4万円借りたいという方もおられることでしょう。

 

さらに4万円の融資を依頼する男性

 

この場合には、どういった方法がベターなのでしょうか?

 

増額を申し込む

 

一つの目の方法として、今借りているところに「増額」という形で借り入れをする方法があります。

 

一般的に利用上限額は10万円や20万円に設定されることが多いので、もしかすると4万円追加で借り入れする分の枠が残っているかもしれません。

 

すでに上限いっぱいまで借り入れをしている状態で、さらに4万円を即日で借りたいといった場合には「増額申請」を行う必要があります。

 

サービス内容が充実している大手のキャッシング会社であれば、コールセンターに連絡を入れたり、オンライン上からも増額の申請ができるケースも少なくありません。

 

新規の審査の際と同じように、増額することで利用限度額が50万円を超える場合、他社借入も含めて100万円を超える場合には「収入証明書類」の提出が求められます。

 

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 給与明細書 など

 

増額の申請に関しては、審査時間最短30分で限度額を変更してもらえることも多く、今すぐ4万円必要という場合などに即日融資が可能となっています。

 

別会社に申し込む

 

新規で別の貸金業者に申し込むという手もあります。

 

この場合には、一からのスタートとなるため「【最速】今日中に4万円借りる為の手続きの流れ(記事内移動)」を参考にしてみてください。

 

どちらの方法が良いのか?

 

さらに今すぐ4万円借りたい場合に、「増額申請」か「新規申込」か、どちらが良いのでしょうか?

 

一概には言えませんが、多くの場合には「増額申請」のほうがお得になるケースが多くなります。

 

なぜなら、「利息制限法(記事内移動)」のところでも紹介しましたが、利息というのは借りる金額が多くなればなるほど、上限利息が下がる仕組みになっているからです。

 

同じ会社から10万円借りる場合と2社から合計で10万円借りる場合では、1社からまとめて借りる方が利息は抑えられる計算になります。

 

特別な事情がなければ、まずは今借りている会社に増額申請を出して審査結果を待つほうが、利息面でも手続き面でも即日融資の可能性が高くなります。

 

まとめ

 

今すぐ4万円借りたい即日融資まとめ

 

至急4万円借りたい人向けの記事をご紹介してきました。

 

とにかく今すぐ4万円借りたい時には「身分証明書」「審査実施時間」「在籍確認」について条件をクリアできるように努めましょう。

 

あとは、当ページでもご紹介した効率的な手続きの流れや損をしない手数料の節約方法など、少しずつ確認しながら借り入れ手続きを進めてもらえればと思います。

 

このページをご覧になっている方の中には、これから初めて消費者金融を利用してみようと考えられている方もおられることでしょう。

 

もしかすると、「本当に使っても大丈夫なのだろうか…」と不安な気持ちを抱えられている方もおられるのではないでしょうか?

 

私自身も初めてキャッシングを利用する時は、ドキドキしながら申し込みをしたことを覚えています。

 

お金を借りる事に抵抗がある方もおられるでしょうし、なかなか踏み切れない気持ちがあるのも当然だと思います。

 

ただ、今の時代は消費者金融も進化しています。

 

繰り返し貸金業法も改正され時代に合った形に変化を遂げていますし、それを遵守している大手の消費者金融に関して、今では銀行と変わらないような高品質なサービスが展開されています。

 

お金が足りずに不都合なことが近い将来に起こるのであれば、法律で守られた適正な利息を支払うことで安全に近い将来のリスクを回避できる方法が準備されています。

 

もしもあなたが、今すぐ4万円借りたい、今すぐ4万円必要だ、ということであれば…。

 

初めての方でも利用しやすい無利息サービスが適用可能となっている今の間に、一度試してみると良いでしょう。

 

あなたと同じような状況をキャッシングで賢く乗り切っておられる方もたくさんおられます。

 

↓大手キャッシングはこちら↓

初めての方は無利息サービス実施中です!

ページの先頭へ戻る